女優 夏樹陽子
公式ホームページ
  パン焼き
夏樹陽子に関する問合せ先
09043930009(スタッフ受付) 0332903435(FAX)
 

プライベート
  −ガーデニング
  −パン焼き大好き
  −読み聞かせ

 
 
  説明書に書いてない美味しいパン焼きのコツ!  
  パン焼き   今はまっているもの・・・パンを焼くことでーす。
パン焼きの機械で焼くのですから簡単ですが、ちょっとひと工夫で、もっと上手く美味しく焼けますよ。
   
  パン焼き  

コツ@
ボウルに数字を書き込む。

のせた時に、すぐにわかるように粉とボウル足した重さを書いちゃいました。

上が粉で、下は果実の量。果実はなるべくたくさん入れたくて、時々少し多めに入れてふたが閉まらない時もあるくらい。

   
 

コツA
水は入れた粉の周りから。(うまく混ざります)
※具はシナモン&干しぶどう(またはブルーベリー)が好評!

ボウルをはかりにのせ、粉をまず入れ、スキムミルク、塩(その時によって、色々なきめ細かい塩を使用、今日はヒマラヤの塩)、砂糖は、沖縄黒糖の粉末状のもの。黒糖が香ばしくて美味しいのですね。そしてバター。最後に、今凝ってるのはシナモン。そしてパン焼き器に入れ、水を器の外側より入れる。

   
 

コツB
そのまま粉が少し残っている状態で果実を入れて測る。

なぜ粉の残った状態が良いかと言うと、干しぶどうなどがくっついたままが多いから、その残り粉でまぶす感じ。時々、コラーゲン粉末を足して、それで一粒づつバラバラにすると、きれいにぶどうが混ざります。栄養的にも良いし、一石二鳥。

   
  パン焼き
 

コツC
材料はまとめて冷蔵庫!


材料は一つのかごにまとめておくと、作るときの時間短縮になります。

カップとスプーンはダメよ。湿気で粉がくっつくので。

   
  パン焼き  

コツD
焼けたらすぐに取り出す。

はい、出来上がり!
焼けた合図のブザーがなったらすぐに取り出す。でないと縮まって、硬くなってしまうの。

   
  パン焼き  

コツE
冷まし方。

ふきんを2〜4重に畳んで、その上にパンをのせる。湯気でトレーに直接のせると底がべたつきます。ふきんが湿気を吸ってくれます。

   
  パン焼き  

上から薄めのふきんをかぶせておく。

直ぐに誰かに届ける時にも、くれぐれもアルミホイル、ラップで包まないでね。湿気でベタつきます。

   
  パン焼き  

コツF
包装の仕方。

底だけアルミホイルを敷く。(まだ熱い場合は、紙ナプキンを一枚敷いておく)

   
  パン焼き  

紙ナプキンは、伊東屋でまとめ買い。可愛い物が沢山ありますよ。

上を可愛い紙ナプキンをのせ、手前に角部分を持ってくる。

   
  パン焼き   セロテープは5p×4本をあらかじめ手に貼っておくと楽。
   
  パン焼き   紙ナプキンを底に入れアルミを折り、4か所をセロテープでとめる。
   
  パン焼き   ホイルの余りは折り曲げ中に入れる
   
  パン焼き   完成!
   
  パン焼き  

リボンをするとこんなに可愛く。

ちなみに、このリボンは私のオリジナルネーム入りギフトリボンです。

   
  パン焼き  

コツG
袋の使い方。

マチの狭い紙袋しかない場合、こうすればパンをつぶさずに入れられます。

   
  パン焼き   手を入れて、底を広げて両サイドの角を折ります。
   
  パン焼き   マチの狭かった紙袋も、このとおりマチの広い紙袋に。
   
  パン焼き  

はい!パンをつぶさず、うまく入れました。

 

   
  お能の先生   今日は、お能の稽古のお礼に、先生にお届けにきました。
 
 
 
   

 
 
(C)Yoko Natsuki, All rights reserved.